養育費裁判になりそうです

スポンサーリンク

養育費裁判になりそうです。

元妻の弁護士からの手紙が届きました。(まだ、手紙は郵便局にあるので読めていませんが…)

以前のブログにも書きましたが、養育費は本当に私たち元夫婦にとっては根深い問題です。

これで、調停は3回目です。

1回目は、まだ私が独身だったころのもの。しっかりと養育費の金額も決定しました。

2回目は、私が再犯をして、無職だった時。なお、これは無職になったんだから養育費を減額してくれ、という主張で私が申し立てた調停だったのですが、色々と考えて申し立てを取り下げました。結果として、無収入ながらも支払いを続けました。

3回目が今回。色々と事情が複雑なのですが、前回の調停で、「無収入だったら来年は払わなくていいよ」という口約束だったので、今年度払わない予定でしたが、善意で私は払ってきました。しかし、相手方から侮辱ともとれるメッセージが送られてきて支払うのが嫌になってしまい、支払いを辞めました。その後、支払いを辞めるなら法的手段に出る、と言われてしまっているのです。

どうなるかわかりませんが、もうこうなってしまった以上は、お互いが感情的になってしまっていますし、歩み寄りは難しいと思います。調停なり、審判なりして、第三者を交えて決めていく必要があると思っています。ちょうど、子供が生まれたことや、再就職したものの前科がバレてクビになってしまいアルバイト生活になっていることなどをお話しして、養育費の再計算をしてもらおうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました