激動の一日

スポンサーリンク

今日は、普通のアルバイト勤務の日でした。

しかし、関係各所から様々な連絡があり、激動の一日になりました。

まずは、人生を大きく左右する、独立・開業の話が舞い込んできました。

これに関しては、詳細は書けませんが、独立・開業候補地の視察に来週行ってくる予定となりました。

候補地の視察というのは人生で初めてなので、楽しみです。

もう一つは、養育費関連。

相手方弁護士に問い合わせたところ、元夫である私の要求を呑んで合意書を作成する、と返事をもらいました。

様々な理由で増額を希望してきた先方ですが、私の要求が「算定表通りの金額で20歳まで」という要求ですから、勝てないと思ったのでしょうか。

何はともあれ、一区切りついたと思うので、安堵しています。

以上の2つは昼休みにやり取りをしたのですが、夜になると利用している派遣会社から嫌な連絡が来ていました。

10月に確定していたアルバイト勤務ですが、別の方で充足していたのでキャンセルをお願いします、という内容でした。

合計、5日分もキャンセルを依頼されました。唐突に、一方的に。

この案件は、8月に決まったものです。メールで、確定の連絡ももらっていました。ずっと前からスケジュールを調整してきたものだったので、なかなか受け入れられません。

しかも、こんなに直前にキャンセルを言い渡されたら、代わりの仕事もなかなか見つけられそうにありません。

すぐさま派遣会社の該当部署に電話して苦情を言いました。

今日は、担当者が不在だったので、別の人が電話で話を聞いてくれました。

明日、先方からの謝罪と、おそらく別の担当者から(担当を変えてくれといったので)何かしらの提案はあると思います。

賃金の6割くらいは補償ということでもらいたいと考えていたのですが、

調べてみると、債務不履行ということで、契約の履行を要求したり、損害賠償を求めたりできるようです。

給与全額の損害賠償を求めることも法的には可能なようです。

派遣会社から嫌われたくないので、穏便に話し合いで解決したいですが、

相手からの提案があまりにもひどい場合は、損害賠償も視野に入れたいと思います。

今日は、このような感じで、色々な話し合いを行った一日でした。

色んな人に電話をかけました。

疲れましたが、最初の2つのことは、今後の方針が決まったので良かったです。

アルバイトキャンセルの損害賠償は明日以降に話を詰めていけたらと思います。

明日もブログ書きます。

それでは、失礼します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました