問題行動のメリットとデメリット

スポンサーリンク

問題行動のメリットとデメリットを考える機会があった。

下のようなプリントに書き込んだ。

下の画像は、私が書いたものだ。

字が汚すぎるので、文章に書き起こしてみた。

問題行動をするメリット

問題行動をするメリットは

  • 成長感
  • 支配欲
  • 万能感・有能感
  • スリル
  • 没入感(現実逃避)

があると思った。

特に、万能感というのは、とても感じていた。

「俺は何でもできる」という爽快感があった。強くなった気がした。

また、スリルというのもポイントだった。

「これを続けていたら大変なことになる」というのが、デメリットであるかのように見えて、ゾクゾクするスリルとして心地よかった。

問題行動をするデメリット

問題行動をするデメリットは

  • 逮捕される
  • 自己実現できない
  • 時間の浪費
  • 罪悪感

があると思った。

とくに、盗撮をしているときは、「なんて時間を無駄にしているんだ」と思いながら徘徊していた。

時間の無駄だと思っているのなら、すぐ盗撮や徘徊をやめたらいいじゃないか、と思われるかもしれないが、やめることができなかった。

自分の意志で、自分の行動をコントロールすることができなくなっていた。

問題行動をしないメリット

問題行動をしないメリットは、

  • 社会生活を送れる(逮捕されない)
  • やりたいことができる

を挙げた。

問題行動をしないことで、多くの時間が捻出でき、精力的に何かに取り組むことができる。

依存症者は無気力なのではない。

活力が有り余っているといってもいいと思う。

その活力を別の方向に生かせれば、良い人生になると信じている。

問題行動をしないデメリット

問題行動をしないデメリットは、

  • 手軽に欲しい感情が得られない
  • ストレス(現実)に向き合う必要がある
  • 自分の”悪”に向き合わなければいけない

を挙げた。

ここはポイントだと思う。

手軽に欲しい感情が得られない、というのは、多くの依存症者に共通する悩みだと思う。

人間関係が希薄であったり、趣味がなかったり。

うまく、代替行動を見つけることが大切であり、他者とつながりを持つことが大切だと感じる。

自助グループや地域のスポーツサークルに行くのも悪くない。

ストレス・現実・自分の邪悪な部分に向き合わなければいけない、というのも、共感を得られるのではないだろうか。

問題行動というのは、真剣に考えること・向き合うことの放棄なのだ。

生きていると嫌なことがある。

それを忘れ、先延ばしにできるのが、問題行動のメリットなのではないか。

さいごに

今日は、問題行動をしたりやめたりすることのメリット、デメリットについて考えた。

こうやって書いていくこと自体が、自分の邪悪な部分と向き合うことであり、とても辛い作業だった。

皆さんも、自分が書いていくとしたら何を書くか、ぜひ考えてみて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました