出会い系アプリ依存(出会い系依存)の男性

スポンサーリンク

Twitterで、彼氏が出会い系アプリをやめないことでトラブルとなっているという女性がいます。

該当のTwitterを読んでみましたが、女性の悲惨な叫びが聞こえてきそうな状況でした。

そして、私のしてしまったことと、Twitterの女性の彼氏がしたことが類似していました。

一度やめると決心して、再び手を染めてしまった点も含めて、本当によく似ています。

詳細は以前のブログに記載があります。

異性への嫌悪感

男性は出会い系アプリに何を求めているのか。

そのあたりを、当事者である私が考えてみたいと思います。

男性が彼女がいるのに出会い系アプリを行う理由。

「セックスする相手を探している」というご指摘もあると思います。

しかし、セックスは彼女とできるわけですから、セックスの相手を探しているというのは違うはずです。

では、新しいセックス(刺激的なセックス)を求めていたのでしょうか?

これは、半分当たっています。

刺激的なセックスを求めているのは事実だと思います。

そして、刺激的なセックスから、女性を支配している感じ、多くの女性から性というコンテンツを引き出したという満足感を得ているのだと思います。多くの女性を従えているという感覚(多くの女性を飼い慣らしている感覚とでもいいましょうか)も自己重要感につながるようです。

そして、もっと深いところ(無意識)では、「女性を傷つけたい」といった女性嫌悪があるのではないでしょうか。

だから、女性を性の対象としてみることで、復讐したい・傷つけたいとなるのだと思います。

よく、性的虐待を受けたことがある人が性依存症になってしまうという話も多いですが、結局は性依存症というのは、異性への嫌悪感が根底にあると私は考えます。

男尊女卑の思想が根付いていたり、女性にひどい仕打ちを受けた過去があったり、原因やきっかけは色々あると思いますが、異性に対して不満を抱くことは珍しくありません。

そんな異性への嫌悪感がもととなり、異性を性的に搾取するのに耽溺してしまう人がでてきます。

恋人はあくまで自分を称賛する人

また、別の考え方ですが、出会い系アプリ依存になるような人は、恋愛依存といってもいいと思います。

恋愛依存になる人は、自信がない人が多いです。醜形恐怖症で整形を繰り返しているとか、お金を持っていることを誇示するためにブランド物で着飾るとか、筋トレをしてムキムキになるとか。条件付きの自己愛しか抱けない人(≒自己肯定感低い人)が恋愛依存にはなりやすいと思います。

恋愛の初期というのは、相手に気に入ってもらいたいですよね。そうなると、自己主張するのではなく、「すごいね」「一緒だね」などと相手が気持ちよくなるような言葉をやりとりすることが多いです。

つまり、恋愛の初期が心地よいのは、自分への称賛や共感があるからなんですね。

これが、自己肯定感のない人、自信のない人には、とても刺さります。病みつきになってしまいます。

まっとうな恋愛は相手を大切に思う気持ちがあるはずなのですが、恋愛依存・出会い系依存は相手を利用して自分が気持ちよくなるのです

恋愛依存の典型的パターンは、お互いが褒め合い、盛り上がるけれど、時間がたって熱がさめるとお互いが褒め合わなくなり破局します。

そして、また異性を求めてさまよい、お互いが褒めあうような熱い恋をして、冷めて別れます。

この繰り返しです。

自己肯定感の低い人の恋愛は、恋人はあくまで自分を称賛する人であって、大切な人ではないのです。

お互いが自己主張したり、相手の個性を尊重したりする次のステップに進むことなく、別れては新しい恋人をもとめてさまようのです。

自傷行為としての自暴自棄な恋愛

無意識に、破滅的な恋愛を行ってしまう人がいます。

不倫・浮気がその代表です。

安心ではなくて、不安定を求めてしまうのです。

そういった破滅的な行動も、恋愛依存には関わってきます。

「私なんか幸せになれないんだ」という自暴自棄が、大切な人を大切にできない理由のことも多いと思います。

治療を受けて欲しい

私の予想では、これからも出会い系アプリのトラブルが多発する世の中になると思います。

異性へのアプローチがやめられないひとは、異性へのアプローチから自分は何を得ていたのか考え、反省していく必要があると思います。

性依存症かもしれないと自覚して、心当たりがある人は治療や自助グループにつながってほしいと思います。

いきなり病院や自助グループに行くのもしんどい場合は、下記書籍などをよんで勉強してみるのもいいと思います。(すごくオススメの2冊を厳選しました)

浮気・不倫などの性依存症はとてつもなくパートナーを傷つけてしまいます。

今後、性依存に関連したトラブルが起きない世の中になることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました