1年半の治療を受けて②~夫婦関係やサポーターについて~

スポンサーリンク

振り返ってみると、私は妻から無理難題をつきつけられることがなかったので、「私がどうすることもできない八方塞がり」という状態になることはなかった。

一方で、色々なところから話を聞くと、妻が依存症者を罵倒したり、無理難題を言うことで、依存症者を八方塞がりにしてしまっていることがある(らしい)。

性依存症の夫を支える妻は、悲しい、ショックなのはわかるけれど、

夫に対して、達成困難な要望を言うべきではないと思う。

それは、事態を良くしようという提言ではなく、相手を困らせることが狙いの意地悪である。

もちろん、妻は”夫をサポートをしたい自分”と”夫を責めたい自分”がいて、葛藤しているはずなので、なかなかデリケートな問題だ。

本当にデリケートな問題だ。

(次回から書いていく内容は、当事者の妻に対して、叱責したいという意図はない。応援したい、という気持ちで書いている。くれぐれも私の思いだけは誤解しないで読んでいただきたい。)

(つづく)

コメント

タイトルとURLをコピーしました