依存症は「平和ボケ」

スポンサーリンク

依存症は「平和ボケ」なのだそうです。

衣食住が満たされていないと依存症になることはありません、と習いました。

たしかに、そんな気もします。

ところで、依存症の治療で、衣食住を満たさないようにする、ということはありません。

そんな治療は「虐待」に近いので、できません。

一方で、刑務所に入ることは、すくなくとも自由を奪われるので、依存症は軽快します。

興味は早く出所することや、刑務所内での待遇などでしょう。

そういう時には、依存症の問題行動はおろか、画策すらしないものです。

結局は、依存症治療の根本にある「平和ボケ」という状況を打破するためには、刑務所がそうであったように、「不自由」という側面が必要なのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました