苦行ではなく、楽しい努力

スポンサーリンク
  • 頑張っている自分に酔っている
  • 反省しているぜというパフォーマンス
  • 被害者ポジション・事故憐憫

そういったことを目的として、自分への戒めをすることがあります。

留置場の品物を取っておく、逮捕当時の所持品を取っておく、性犯罪被害者の手記を読む

そういった苦行を行うべきかどうかは議論があると思いますが、私は反対派です。

実は私も、留置場で使っていた歯磨き粉やリップクリームを保管しておいたことがあります。

「あの時のことを忘れない」という決心でした。

しかし、その背景にある認知は、「逮捕された苦しみを忘れなければ再犯はしない」という認知です。

つまり、これは否認なんですよね。

性の問題行動においてコントロール障害になっているのですが、苦しみを忘れなければ制御できると勘違いしていたのです。

依存症治療に必要なのは「苦しみを忘れないこと」「自分への戒め」などではありません。

トリガーを引かないようなルールを設定することで自分を能動的にコントロールするのが依存症治療なのだと最近は考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました