女性の盗撮犯がいないのはなぜ?

スポンサーリンク

女性の盗撮犯はほぼいません。

服装倒錯(異性の格好をする)ひともほとんどが男性です。

痴漢をするのも男性がメイン。

なんで、女性は性的な問題行動をしないんでしょうか。

テストステロンというホルモンのせいもあるかもしれませんが、

男性は異性である母親に育てられる一方で、女性は同性の母親に育てられるという生育上の差異も影響しているようです。

男性は、自分の父親を殺して、母親とセックスしたいという願望(エディプスコンプレックス)を持っているとフロイトは考えていました。

一方で、女性は自分の母親とはセックスできないとあきらめるのだそうです。

そのあたりの、母親との関係が、成人した後の性的渇望に影響しているのだそうです。

他にも、文化の背景が関与するという考え方もあるようです。

男尊女卑の文化や、AVによる影響も関係しているようです。

ちょっとくらいセクハラしてもいいじゃないか、という悪しき文化や、

女性は性的に消費するものだという固定観念がある人もいるかもしれません。

男は、働いて金を稼いでいるんだから偉いという価値観も影響していそうです。

まとめると、

  • ホルモン
  • 成育歴(母親との関係)
  • 文化

の影響により、男性のみが性的な問題行動をしやすいようです。

すべてが「~ようです」と伝聞系になってしまい、申し訳ありません。

最近は、毎日更新を心がけていますので、明日もよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました