嘘をついていないということ

スポンサーリンク

旅行に行っていた。

露天風呂に入りながら景色を見てふと思った。

なんだか最近調子が良い。清々しい。

色々理由を考えてみたが、おそらく嘘をついていないからだろう。

裏を返せば、今までが嘘で塗り固められていた人生と言っても過言ではない。

前科があるのを黙っていたりとか、前科があるのを歪曲し過少に伝えたりとか、

自分勝手な犯罪をしておきながら黙って生きてきたとか、色々ある。

慢性的に嘘をついて生きてきた。

自分にも他人にも嘘をついていた。

そうやって生きていくのは実は辛かったのだなと、今になって思う。

嘘をつくというのは、辻褄があうように物語を捏造して、顔に出さないで相手に伝えなくてはいけない。

心が傷つく。

その心が傷つくのを和らげるために、認知をゆがめてきた。

正しくないものを正しいと認識したり、誠実ではない行動を「あれは仕方なかった」と思ってみたり。

今は清々しい。それと同時に昔がひどかったと認識することができた。

旅行に行くと、慣れない土地で感傷的になる。

自分の人生これでいいのかとか、これでよかったのかとか考え始める。

今に集中するというよりも、少し長い目で人生を俯瞰することになる。

今回は、久しぶりに清々しい気分となっている理由が、嘘をついていないからだと気付いた。

旅行はいいものだ。

次回の旅行ではもっと成長した自分に出会いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました