不幸自慢はしないほうが無難

スポンサーリンク

不幸自慢(愚痴)と言うのがあります。

「こんなひどいことがあってね」

というような発言です。

これは、相手を嫌な気分にさせることがあります。

「それは大変だったね」

という風な反応を強いることになり、相手の発言を限定してしまうからです。

「それは大変だったね」と言ってくれる相手はまだいい方です。

中には、

「俺の方こそ、こんなひどい目にあったんだよ」と不幸自慢を不幸自慢で返してしまいます。

お互いが、優越性を追求してしまうと、このようにお互いが嫌な気持ちになってしまいます。

また、「そういうときはこうしたらいいよ」なんてアドバイスを相手はいいたくなってしまうかもません。

(そういう時は、”助ける”ことで承認欲求を満たしたいのです)

そういう、助言に対して、「そんな簡単に言わないでくれ」などと素直に従えない自分、反発したくなる自分というのもいるはずなので、険悪なムードになってしまうかも。

つまり、不幸自慢(愚痴)は、極力しない方が無難です。

もしするとしたら、「愚痴を聞いてもらってもいいですか?」と一言前置きくらいはしておいた方がいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました