これが隣人愛なのでしょうか

スポンサーリンク

電車の中とかで「ヤンキー」に会うことがあります。

刺青が入っていたり、髪を染めていたり、ダボダボの服を着ていたりするわけです。

そういう人を見ると、以前の私は、なんとなく嫌な感情を抱いていました。

反感というか、「なんだこいつら」というか、そんな感じです。

「この世からいなくなってしまえー」という排除したい思いすら抱いていた(かもしれません)。

こちらに害がないのに、「迷惑なんだー」と思っていました。(ひどい言いようですね、すいません)

しかし、最近は、なんだか、他者が愛おしく感じられることがあります。

この人はどんな仕事をして、どんな家に住んで、どんな暮らしをしているのかな。

どんな人を愛し、どんな人と家庭を築く(もしくは築いている)のかな。

そんな風に、温かい目で他者を見れるようになってきました。

そうすると、ヤンキーでさえ、温かい目で見ることができて、

どこで髪切っているのかなー(攻めている髪型の場合)

どこでで服飼ってるのかなー?(攻めている服装の場合)

仕事してるのかな?学生かな?(特異な風貌の場合)

といった感じで、相手に興味が湧いてきました。

そして、冗談抜きに、

このヤンキーが幸せな人生だといいな

と思います。

辛い人生にならないで欲しい 。

悪い人間や資本主義社会のシステムに飲み込まれ、搾取されないで欲しい。

そう思います。

話は変わりますが、FIREという単語知っていますか?

FIREとは「Financial Independence, Retire Early」の頭文字をとった言葉で、直訳すると「経済的自立と早期リタイア」という意味になります。

そして、FIREした人の声をどこかの媒体で見たのですが、

「他人の不幸をよろこんだり、成功を妬んだりしなくなった」ということでした。

ふーん、お金の心配がなくなると、心が綺麗になるんだな、なんてその話を聞いて思いました。

ふと、我に返ると、

自分が最近幸せだったり、不安が少ない生活をしているから、ヤンキーに優しくなれているのではないかと思うのです。

これは、なかなかハッとさせられる気付きでした。

大切なことを気付かせてくれたヤンキーには心から感謝申し上げます。

ということで、今、私は幸せなんだと思います。

これからもヤンキーのことも温かい目で見ていきたいですし、自分も今の生活を続けていきたいです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました