仕事の伝手

スポンサーリンク

解雇まで、あと3週間となったが、何とか7,8,9月の仕事の予定は入った。

仕事を斡旋してくれる会社と連絡を取り合い、アルバイトの予定を入れていったのだ。

これで生計がたてられると安心していたのだが、

最近、2件立て続けに、仕事の案件が舞い込んできた。

以前に、アルバイトとして勤務していたところ2か所から、「もし空いていたら働きませんか?」というメールがきた。

しっかりと働いた働きぶりが評価されたのだろうから、とてもうれしかった。

そして、とてもありがたいと思った。

自分は、解雇されているから、こういう風に仕事の案内をもらえるのはとても助かる。

(相手は私が解雇されているなんて知らないだろうから、本当にタイミングよく連絡がきたのには驚いた)

しかし、仕事はすでにパンパンに入れてしまっていたので、どうするか悩んだ。

一件は、引っ越し前にお世話になった職場であり、私の現住所から遠いので、丁重に断った。(関連会社が私の家の近くになるようなので、今後そこで働き手の募集が出たら再度連絡をいただけると言ってくれた)

もう一件は、私の自宅から30分くらいの場所で、とても魅力的な案件だった。

7,8,9月がすでにアルバイトを入れてしまってスケジュール的には厳しかったが、相手との関係性を保つために、1日だけアルバイトをすることになった。

今回は、その1日で全力を出して、先方に良い評価をしてもらえるように頑張る予定だ。

私は10月以降の予定は入っていないので、10月以降に家から30分の場所で定期的にアルバイトができれば、すごく助かる。

今回のチャンスをものにしたいと思う。

最近思うのだが、

昨年無職でほとんどを過ごし、少しだけアルバイトをした。

当時は、ただただ生計をたてるために働いていたのだが(というか貯金を切り崩して生活していたので、借金返済といった方がいいかもしれない)、自分なりに誠意をもって働いた。

その時、私は信頼残高を溜めていたのだ。

だから、こうやって、また仕事の案内をもらうことができた。

どんな時も、誠意をもって、丁寧に人と接することは、とても大切なことだと改めて実感する。

これからも、仕事だけでなく、色々な場面で、人間関係を大切にしていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました