それにしても、旧職場は辛かった

スポンサーリンク

以前、解雇されたと書きましたが、

「ねぇ、○○君。君は前科があると聞いたんだけど本当?」

というような詰問にあい、6月に撃沈しました。

真実を話し、解雇の方向になったのですが、

「労働基準法に則って、一か月後に解雇だから、一か月は出勤してね」

と言われてしまったんです。

なので、地獄の一か月を過ごしました。

職場の上司は私の過去を言いふらしたりはしませんでしたので、

大きなトラブルにはならなかったのですが、

自分は色々と考えてしまい、不安や恐怖でいっぱいでした。

職場に出勤するときは、ギリギリに入りたいので、職場の入り口についても、一度通り過ぎてから引き返ししてみたり、遠回りで出勤したりしていました。

あの時は、本当に仕事に行くのが億劫でした。

そう考えると、今のアルバイト生活は気楽でいいです。

  • 同僚がいなくて寂しい
  • 日雇いバイトなので安定感がない
  • やりがいない

という不満もありますが、6-7月の心理的負担と比べればはるかにマシです。

冷静に、考えてみると、アルバイト生活の今は、落ち着いていないようで、落ち着いているのかもしれません。

このままで当分は過ごすのも悪くはないんじゃないだろうか、と考えています。

色々、仕事面で達成したいことが欲として湧き出てくるのですが、保留にして、このまま人生について思案しようかなとも思っています。

今日も読んでいただきありがとうございました。良い一日をお過ごしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました