心の老化 ≒ 興味の喪失 ?

スポンサーリンク

最近、周囲をよく観察するように努めているけれど、

とくに、街中にいる子供たちの言動が気になる。

ある子どもは、足元にあるタイルに沿って歩いていた。

「赤色のタイルを踏んだら、負けなんだよ」

と親に自分の決めたゲームルールを教えて(強要?)していた。

ある子どもは、お菓子に書いてあるキャラクターをしげしげと眺め、

同じお菓子でも、パッケージに書かれているキャラクターが違うので、

どのキャラクターが描かれている商品を買うか厳選していた。

思い返せば、私も昔は似たようなことをしていたと思う。

しかし、今では足元のタイルには全く興味がないし、お菓子の包装にも全く興味がない。

タイルは歩ければいいし、お菓子は中身が美味しければそれでいい。

旺盛な子供の好奇心や興味に比べて、私のそれは、縮小しているというか、乏しくなっている。

心の老化 ≒ 興味の喪失 なのかな、と考えたりする。

一方で、子供の頃にはない趣味や興味を持っているのも事実。

ちょっと難しい本を読んだり、哲学的に思案したり。

興味を喪失しているのではなくて、移り変わりなのかのしれない。

いや、でもやっぱり、色々な興味は縮小している気もする。

うーん、難しい。

皆さんは「興味」について、どうですか?興味は縮小していますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました