最近、治療がどうでもよくなってきた(?)

スポンサーリンク

最近、治療がどうでもよくなってきました。

ちょっと、何を言っているのかと思われたかもしれませんが、

よーし、依存症を治してやるぞ

という気概のようなものはかなり薄れてきているんですね。

まぁ、今日も精神科行くかー

くらいの気持ちで通院しています。

それはどういうことなのかというと、

問題行動をしたい気持ちも、問題行動をやめたい気持ちも、

どちらも減ってきているということです。

私は、以前こう考えていました。

問題行動をしたい気持ちが減っていき、問題行動をやめたい気持ちが勝つ日が来ると。

しかし、結果は、バランスよくどちらの気持ちも減っていったんですね。

シーソーみたいだなと思います。

最初は、4人対4人くらいでつり合いがとれている状態(多くを抱え込んでいるが、問題行動は自粛できている状態)もしくは4人対5人くらいで問題行動をしたい方にシーソーが傾いている状態。

そこから、順番に一人ずつ降りていきます。

降りるときは、ガタガタしますね。

つり合いが乱されるときがあります。

そんな時を、自信過剰だったりスリップと呼ぶのかもしれません。

そして、全員が降り終わって、シーソーが空の状態になったとき、

それを回復と呼ぶのではないでしょうか。

もう、このシーソーでは遊ばないよ、と関心を抱かない感じです。

完全に私のイメージの世界ですが。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました