盗撮や痴漢の依存症が落ち着いているかどうか

スポンサーリンク

盗撮や痴漢に代表される性依存症というのは、

ビギナーズラックからのめりこみ、

こそこそとはじめ、

だんだん強い刺激を求め、

大胆になり、

最後には逮捕されます。(必ず逮捕されます)

しかし、盗撮や痴漢をやめると決心していくと、どういう変化をたどるでしょうか。

最初は、「やめよう」と思えば思うほど、問題行動のことが頭から離れません。

それに関連した妄想をしたり、インターネットで検索したり、問題行動をテーマとしたアダルトコンテンツを閲覧します。しかし、なんとか問題行動は踏みとどまります。

その後は、なんとか紛らわせます。紛らわせるのが上手になります。ほかの趣味を見つけたり、人間関係を重視したり。

しかし、ベストコンディション・理想的なターゲットを見つけたときは、

「ああ、惜しいことをした」「もったいない」

という感情が捨てきれません。

さらに進むと、「昔はのめりこんでいたな」「昔ははまっていたな」「あんなことに大量の時間を使っていたなんて」

などと、回顧します。馬鹿馬鹿しいという感情が出てきます。

そうなってくると、だいぶ落ち着いた状態だと思います。

やはり、依存症になるのにも、依存症から遠ざかるのにも、ある一定の経過があるのだと私は考えます。

治療を進めていく中で、キーポイントは、

「ああ、惜しいことをした」「もったいない」

という感情だと思います。

それがあるのかないのか、が性依存症治療の一つのハードルだと思うのです。

偉そうに書きましたが、私は、まさにハードルの前後にいる、葛藤中の状態です。

精神科の助けを借りながら、仲間と一緒に、回復への道を歩み続けたいと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました