ドパミン、ドーパミン

スポンサーリンク

神経伝達物質の一つで、快く感じる原因となる脳内報酬系の活性化において中心的な役割を果たしている。

ドパミンは神経伝達物質のひとつで、カテコールアミンと呼ばれる種類に属します。アミノ酸のチロシンから酵素の働きによって合成されます。

依存症の問題行動をすることで快く感じるのは脳内の報酬系と呼ばれる神経系が活性化するためと考えられます。この報酬系ではドパミンが中心的な役割を果たしています。アルコール・麻薬・覚せい剤などの依存を形成する薬物の多くはドパミンを活発にする作用があり、そのために報酬系が活性化し、快感をもたらすと考えられます。

用語
スポンサーリンク
性依存.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました