私の性との出会い

スポンサーリンク

被害者の方から見れば、犯罪者の心理なんて関係ない。原因が性依存という病気だろうが、性欲だろうが、ドーパミンだろうが関係ない。責任の所在が犯罪者本人にあるという事実だけが重要だ。

そうはいっても、犯罪者自身が、「どうして自分はこうなってしまったのか」と考察することは、当人の回復の過程では必要なことだと思う。

というわけで、今回は「どうして自分がこうなってしまったのか」という疑問について内省していきたい。

コメント

  1. ゼパル より:

    盗撮で捕まったら(3回捕まった人間のブログ)の管理人ゼパルです。
    先日は相互リンクありがとうございます。

    あらためて性依存.com様の方の記事をみていると、共感すべきではないのでしょうが、共感するところがあまりに多いです。。。
    自己紹介からして、激しく理解できてしまいます。

    私の方のブログでは私自身のことはあまり触れていませんが、
    https://note.com/zepar/n/n796d09e7a0ef
    にて私の3回捕まった内容を書いています。
    有料記事で、2980円のところ、現在1480円にしていますので、もしよければ見ていただきたいです。
    無料ではないので、本当にもしよければというレベルです。

    私自身も、自分を見つめなおす為に書き始めたのが最初だったので、いまだに何故盗撮を繰り返したか、なぜやめられなかったかはっきりとは説明できません。

    こちらで書かれている、”逮捕されること、被害者女性にも迷惑がかかること、気持ち悪い変態行為なこと、時間の無駄な事など、すべてわかっている。でもやめられなかった。自分の意志では到底勝つことができない”何か”に操られている感じがした。”
    というのがとてもよくわかります。

    私は自助グループというものに参加したことはないのですが、こんな気持ちなのかもしれませんね。

    • 性依存.com 性依存.com より:

      ぜパル様
      コメントありがとうございます。
      共感していただき、嬉しく思います。
      自分は何に操られていたんだろうか?と自問自答する毎日ですが、こうやって仲間がいてくれると思うと温かい気持ちになることができます。
      ともに性依存症と戦う者同士、そしてともにブログを運営する者同士、頑張っていきましょうね。

タイトルとURLをコピーしました