2020年 良かった本 ベスト5

スポンサーリンク

2020年は30冊程度本を読みました。

僭越ながら、ベスト5を決めました。

ご紹介します。

第5位 顔ニモマケズ

見た目に傷やアザなどの症状を持つ「見た目問題」当事者の方たちに著者がインタビューしたものです。あの「夢をかなえるゾウ」シリーズの著者である水野敬也さんの本です。どんな”見た目”でも幸せになれることを証明した9人の物語には勇気をもらうことができました。

第4位 うつ病九段

うつ病は大変な精神疾患です。一度、社会を離れて治療に取り組むことは、安息でもあり、不安でもあります。当事者が語る心境は大変貴重です。なぜかわかりませんが、「自分も頑張ろう」と思えました。

第3位 脳を鍛えるには運動しかない

運動が精神の安定や脳の機能向上に効果があるという内容です。本を投げ捨てて、走り出したくなる本です。

第2位 こころの処方箋

ユング心理学者の河合隼雄さんの著書。読後、温かい気持ちになることができます。小話が複数収められている形式なので、とても読みやすいです。

第1位 痴漢外来

何か一冊読むならこれがおすすめです。とてもまとまっています。

書評
スポンサーリンク
性依存.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました