『愛するということ』レビュー①

スポンサーリンク

『愛するということ』はエーリッヒ・フロムの不朽の名作です。

愛は技術であり学んで習得するものであると説いています。今回は特に前半部分のレビュー(読書したまとめ?)となります。

書評
スポンサーリンク
性依存.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました