知性・正義感・客観視

スポンサーリンク

知性が下がると、「俺が正しい」という主張をしてしまいます。

酔っぱらうと態度が大きくなる、というのもその一例です。

知性が保てていると、「ひょっとして自分が間違っているんじゃないか」という自問自答ができます。

それが、客観視の第一歩だと思うのです。

今、自分、姿勢悪いんじゃないか。

そんな風に自分をとらえるのが、客観視だとすると、

鏡で自分の姿を見たり、自分の声を録音して聞いてみたり。

そういう工夫が大切だと思います。

しかし、そういう工夫は恥ずかしいものです。

自分を知るのは恥ずかしい。

だから、直視したくないのです。

傷つきたくないからかもしれませんね。

いやしかし、なんで自分の声の録音はあんなに気持ち悪いのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました