依存症の作り方

スポンサーリンク

新しい依存症を人工的に作るにはどうしたらいいのでしょうか。

脳科学的に言えば、

短期間にドーパミンが大量に分泌させる行為や物質」

心理学的に言えば、

「欲しい感情が一時的に強く手に入る行為や物質」

であれば、人間は依存症になりやすいです。

短期間に・一時的にというところがポイントで、

じんわりと長めに効いてしまうと、それは依存症になりにくいです。

例えば、旅行とかは依存症になりにくいと思います。

じんわりと楽しいからです。旅行の後に思い出に浸ったりしますよね。

でも、ジェットコースターは乗り終わった瞬間から「もう一回乗りたい」となりませんか?

これは、一時的に楽しいからなんですね。

そう考えると、依存症の問題行動が「じんわりと良い」のであれば、

「あの時は最高だったな~また来年にでもやりたいな~」

となるはずなのですが、問題行動はもっと短いスパンで繰り返されます。

ちなみに蛇足ですが、睡眠薬も依存性があるんですが、

短期作用型と長期作用型だと、前者の方が依存性が高いそうです。

こういうのも、 短期間に・一時的にというところがポイントのようです。

依存症とは無縁の「じんわりと幸福感のある人生」を目指したいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました