「グッドライフモデル」と「シックス・ヒューマン・ニーズ」

スポンサーリンク

健全な方法で「シックス・ヒューマン・ニーズ」を得る

先ほど挙げたように、性犯罪者は方法・手段が間違っていました。

求めていたのはみんなと同じ「シックス・ヒューマン・ニーズ」でしたが、方法が非合法的で被害者を生んでしまいます。

どうすれば、健全な方法で「シックス・ヒューマン・ニーズ」を満たせるかが今後の治療の鍵となってきます。

みなさんならどう考えますか?

これは各自が答えを出していかなければなりません。

正解はないのですが、一応、私の中での個人的な答えを書いていきます。

①安定感:穏やかな彼女との生活、仕事での定期的な収入と適切な家計管理

②不安定感:将来的には起業(開業)してチャレンジしたい

③重要感:専門的な知識を生かしてプロフェッショナルとして働きたい

④愛とつながり:彼女・親・仲間を大切にする

⑤成長:読書や対話を通して知識を増やしたい、仕事上の知識を勉強して増やしたい

⑥貢献:仕事でクライアントの役に立つ、彼女や母親・仲間を支える

上記には含まれませんが、スポーツ・芸術を楽しむことや、何かの大会に出場してみることはとてもいいことだと思います。

また、一度性犯罪をしてしまったのは確かに人生の汚点ではありますが、回復してその経験を役立てるという道もあると思います。

ダルクや犯罪者・受刑者の支援を行っている団体に勤務したり、保護司になる道もあります。

さらには、勉強して医療系の国家資格を取得し、依存症関連の医療に携わるのもいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました