当事者の苦悩~回復は「私は普通じゃないんだ」と受け入れないと始まらない~

スポンサーリンク

皆様こんばんは。

ついに、ブログ記事のストックがなくなりました。

最近、毎日更新でしたが、実は暇なときに書き溜めたブログを、コツコツ毎日投稿していたのです。

ところが、今日で、そのストックがなくなってしまいました。

だけど、毎日更新は続けたいので、今日はリアルタイムで書いた記事を載せます。

今日は、当事者の苦悩の中でも、「否認」について書きます。

否認にはメリットがある

ちょっと依存症の勉強をしたことがある人は、「否認」という言葉を聞いたことがあると思います。

しかし、その否認という言葉を、表面しか理解していない人も多いです。

否認というのは、本人にとってはとてつもないメリットがあります。

そう、自分が傷つかなくて済むんです。

否認しないと辛い

まず先に、おそらく否認を乗り越えたであろう、今の自分の心境を書きたいと思います。

「自分は性に無力だ」という言葉は界隈では有名ですが、そんなきれいごとではなくて、もう少し自虐的な心境です。

「自分は人間の失敗作」

「自分は社会にいてはいけない、排除された方がいい」

「自分は害である」

「いつスリップしてもおかしくない」

「条件がそろってしまったらスリップする」

「毎日が戦い」

そんな風に思ってます。

徹底的な自己否定です。

これは本当に辛いことです。

一方で、否認というのは、自分を励ましているんです。

「俺はまだ大丈夫」

「俺は回復できる」

そうやって、自分を保とうとしている。

自分を保とうとしてしまうのは、どうしても仕方のないことだと思います。本能的なことなのかなと思います。

否認している人がいても、私は指摘したりしませんし、無理もないとすら思います。本当に、否認を打ち砕くのは大変です。

しかし、しかし、そうやって自分の問題に向き合おうとしないのは、結果的にリラプス(再発)につながります。

ここまでのまとめ

  • 回復に向かう状態は、「自分は無力」と理解した状態だが、それは自己否定で辛い。
  • 否認の状態は、「自分は大丈夫」と自らを鼓舞する状態だが、回復には向かわない(再犯リスクが高い)。

次のページでは、すごくよくできているポスターを紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました