性犯罪を償うということ

スポンサーリンク

罪を償う、という言葉がありますが、当事者の皆さんはどう考えますか?

罪を償うって、とても難しいと思います。

刑事罰を受ければいいのか、

改心して生きていけばいいのか、

治療を受ければいいのか、

社会的制裁などに苦しめばいいのか、

社会貢献活動にいそしめばいいのか、

色々な生き方があると思いますが、どれが正解なんか決められるはずがありません。

少なくとも、「私なんか、私なんて」と被害者ポジションに入るのは違うと思います。

一方で、治療に取り組み、前向きに生きていけばいいのだ、というのもあまりに乱暴です。

自分なりに、「償いとは何なのか」と探求して生きていかなければいけないのだと思います。

私なりに心がけていることは、

  • 治療を継続すること
  • 仕事で他者貢献すること
  • 関わる人に優しさを持って接すること

ですが、それが果たして「償い」になっているのかどうかも分かりません。

間違いなく言えることは、「償い」とは、生き様だということです。

どのように生きていくかだと思うのです。

その生き方を選ぶのは自分です。

正解が何かわからない、どうしていけばいいのかもわからない、そんな「償い」と言うものを、模索していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました