責任とは何か

スポンサーリンク

Twitterでこんな投稿があった。

「病気になったことに責任はなく、

病気を治す努力をすることが、責任をとっていることになる」

という主張だ。

当事者としては、擁護してもらっている感じがしてありがたいと思う。

とくに、「病気になってしまうことに、本人の責任はない」という言葉には救われる。

一方で、このツイートは、あまりにも依存症当事者に優しすぎるメッセージとも感じる。(ツイートの作者が、病気に寄り添う精神科医であるからかもしれないが)

確かに、依存症当事者としては、治療を受けることが責任だとは思う。

しかし、治療を受けることは責任を取ることの「必要条件」であり、「十分条件」ではないと思っている。

治療を受けているから他のことはしなくてもいいんだ、ではないと思う。

治療を受けることに加え、プラスアルファが必要だろう。

具体的には、どうすればいいのか、私はまだ正解が出せずにいる。

他者貢献かもしれないし、被害者感情に寄り添うことかもしれない。人間関係の構築かもしれない。

プラスアルファの部分が何なのかは、その人次第だろう。

「責任」というのは実に難しい。

しかし、「責任をとろうと努力すること」はできるのではないかと思う。

そういう努力を私は続けたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました