不安やストレスは悪者なのか?

スポンサーリンク

不安やストレスは悪者扱いされていますが、なくなってしまったらどうでしょうか。

不安

不安がなくなってしまったら、備えて準備することをしなくなってしまいます。

失敗が増えるでしょう。

進化論で言えば、不安が強い個体が生き残ってきたということだと思います。

誰かに攻撃されないか、食糧は十分確保できているか、そういう心配が生存に有利に働いたのでしょう。

ストレス

ストレスがなくなってしまったら、人生が張り合いのないものになってしまいます。

脳科学的に言えば、仕事の達成でドーパミンがでるのですが、達成するのが大変な仕事というのはストレスを伴います。

心理学的に言えば、ストレスのかかる局面を乗り越えることで、成長感が得られます。

さいごに

不安やストレスとの向き合い方に困っている人は、不安やストレスのメリットを考えてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました