その先に何があるのか

スポンサーリンク

先日、診察があった。

最近は、仕事の相談が主だ。

自分の持っている資格を使うという前提で、

今はアルバイトだけど、将来はどうしよう、という漠然とした、しかし当人にとっては深刻な悩みだ。

具体的にはこのブログに書けないのだけれど、

将来の独立というのが最有力候補である。

もちろん、独立というのは、借金を抱えるので、

万が一、前科が公になってしまい廃業することになれば、

ダメージが計り知れない。

しかし、最近は自分の内に秘めたる独立心にも気付いているので、

独立に向けて準備していくというのが、一つの答えなのかもしれない。

一方で、主治医から発せられた一言で、とても印象に残っていることがあって、

「独立したら、果たして満足するのか?」

という視点だ。

私は、いま「生きにくさ」「苦しみ」というのがあって、

それから逃れるために「独立」を志しているのかもしれない。

そうすると、独立したあとも、新しい「生きにくさ」や「苦しみ」に直面する可能性もある。

いま、想像してみると、

  • 休みが勝手にとれない
  • 体を壊せない(病気・ケガに注意)
  • 借金を背負うので、気楽な立場でいられない
  • ”前科バレ”にびくびく
  • いつも同じ場所で同じ仕事の繰り返しに飽きるかもしれない

という悪い点が思いつく。

しかし、現状は、自分の持つ独立心の方が上回っている。

だから、後悔のある独立とはならないのではないかと推測している。

とにかく、今は、独立に向けた準備期間にしたいと思う。

コツコツと、将来役立ちそうな経験を積んでいきたい。

変な例えで恐縮だが、時流にのるクラゲのような存在でありたいと思う。

流れに逆らわずに行きたい。

少しだけだけど、今やっている仕事でありがたい話も頂戴している。

そういう、ご縁や運を大切にしていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました