依存症治療は賢くなることなのかもしれない

スポンサーリンク

依存症治療を受けて、1年9か月になります。

日常生活で、性的な関心が出てくることもありますが、だいぶその頻度も減ってきました。

渇望のようなものが出てきても、

「これで最後はこれが最初」

「耐性が生じて、逮捕されるまでエスカレートする」

「私が手に入れたいものはなに?」

など、色々な言葉が思い浮かんできて、問題行動をすることはありません。

以前の自分と違うことはたくさんあるのですが、

知識

がまず違います。

依存症の講義もたくさん受けましたし、本もたくさん読みました。

あとは、

友達

が違います。

精神科で、多くの良い出会いがありました。登山に行ったり、食事に行ったりする関係です。

また、

充実感

も日々あります。毎日日記を書くようになり、今日できたことを思い返すのがとても楽しいです。

育児、仕事、自己啓発、ミニマリストを目指す、など日々目標があり充実しています。

色々変わったことがはあるのですが、やはり知識がついたのが大きいと思います。

ところで、問題行動の直前である渇望には、下のように対応するといいと思います。

  • 渇望が出てしまうことを受け入れること
  • 渇望と向き合い、時間稼ぎをすること
  • 現実的な考え方、賢い考え方をすること

私の場合は、

「また渇望が出てきた。やっぱり依存症は治らないなぁ」

と諦めに似た感情が湧き、

「今まで通り、やることをやろう」

と考えて、「ストップ」と小声で言います。

そのあとは、このブログの最初にある通り、

「これで最後はこれが最初」

「耐性が生じて、逮捕されるまでエスカレートする」

「私が手に入れたいものはなに?」

などの自己質問をして、現実的な考え方をするようにしてから、その場を立ち去ります。

依存症治療の最初の頃とはずいぶん違う自分がいるので、かなり成長できたのではないかと自負しています。

しかし、こういう油断している時が一番危ないのでしょうから、ルールをこれまで通り守る安全な生活を続けたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました