基準が上がってしまう

スポンサーリンク

精神科で、

「おいしいものを食べるとその時は嬉しいけれども、

基準が上がってしまって普通の食べものがおいしくなくなる」

という話を聞きました。

私のコーヒーがその状況です。

私はコーヒーが好きなのですが、

ロースター(焙煎所)から豆を買っています。

だいたい、豆2kgで1万円です。(まとめ買い割引があるので、相場からすれば安い方です)

豆200gで1000円です。

豆1gで15ml抽出できるので、

豆15gで1杯分のコーヒー(225mL)が出来上がります。

計算すると、1杯225mL=豆15g=75円となります。

これが、喫茶店で出てくるものと同じかそれ以上に美味しいのです。

「75円でこの美味しさか」

となってしまいました。

100円のコンビニコーヒーが「高くてそこまで美味しくはない」

となってしまいました。

これでは、コーヒーライフがかなり困難になります。

こんな感じで、

「良いものを希求する本能」と「基準が上がってしまう」という特性を組み合わせると

人間は不幸になります。

間違いありません。

以前もお話ししましたが、限界を知るということがとても大切になってくると思います。

現実的な視点を持ちたいものです。

最近では、コーヒーにおいてお金、味、手間、全てを手に入れることはできないと考えています。自分で淹れるコーヒーは味もよく安いですが、手間がかかります。市販のものは手間がかからないですが、味はいまいちで高いです。喫茶店は特別なエンターテイメントだとおもって割り切っています。

それでは今日はこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました