利己的な救済

スポンサーリンク

ある人が「誰かを助けたい」としましょう。

助けるために相手に手を貸したりすると、そこには上下関係が生まれます。

つまり、「助けたい」というのは、「助けることで立場が上になりたい」「称賛されたい」ということと同義になりうるということです。

ほかにも問題なのが、「助ける」ということの意味です。

助けなくては、と思うのは勝手ですが、相手が全く困っていないのに、「おせっかい」である場合もあるでしょう。

つまり、助けなくては、というのは、あくまで助けたいと思っている人の考え方なのです。

人は、救済者になりたがる、という側面があります。

誰かの役に立ちたいのです。

しかし、それは、「自分のため」なのではないでしょうか。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました