調子の悪いとき

スポンサーリンク

「調子の悪いときは悪いなりに、自分のペースを冷静に的確につかんで、その範囲でなんとかベストを尽くしてやっていくというのも、大事な能力才能のひとつであろうと思う。そんなに無理をしないで、首をすくめてこつこつしのいでやっていれば、そのうちにまた少しずつ調子は戻ってくるのだから。」

上に書いたのは、村上春樹さんの言葉です。

深く共感しました。

自転車は走っていないと倒れてしまいますが、人生も似たようなもんじゃないのかな、と最近は考えています。

大人になると、立ち止まれません。

心の調子が悪くても、仕事をやめるわけにはいきませんし、育児もやめられません。

それぞれが、自分の役割を手放すことはできないのです。

じゃあどうすればいいのか。

ゆっくり走りながら、自分の調子を取り戻していく。

できるのはこれだけだと思うのです。

辛いときは、ペースを落として、前に進み続ける。

そんな風に生きていきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました