欲求はどこから来るのか

スポンサーリンク

欲求はどこからくるのでしょうか。

いろいろな欲望があります。

  • 水を飲みたい
  • トイレに行きたい
  • 眠い
  • 友達が欲しい
  • 恋人が欲しい
  • セックスがしたい
  • タバコが吸いたい
  • 尊敬されたい
  • SNSでいいねが欲しい
  • お金を寄付したい
  • ボランティアしたい
  • ものを盗みたい
  • たくさん食べたい
  • リストカットしたい
  • 大量服薬(オーバードーズ)したい
  • 自殺したい
  • 旅行に行きたい
  • お金が欲しい

本当に、いろいろな欲求が毎日あり、それにより行動が決まってきます。

それぞれの欲求をよく考えてみると、

最終的には神経伝達物質・感情が欲しい」ということになると思います。

たとえば、「セックスしたい」という欲求があるとしたら、

セックス=手段であって、

目的=ドーパミン・アドレナリン=達成感、充実感、高揚感、万能感

のような感じだと思います。

ということで、欲求の目的は感情だったり、脳内の神経伝達物質だったりするのでしょう。

では、その欲求の元はどこなのでしょうか。

これって、すごく難しい問題だと思います。

水が飲みたい、というのは、脱水だからだと思います。

体に浸透圧を感じ取るセンサーがあり(首の血管にあるようです)、そこで感じ取った浸透圧の情報が、無意識に飲水欲求を生じさせています。

じゃあ、すべての欲求に対応するセンサーがあるのかというとそうではありません。

人間の欲求や行動は複雑ですから、いちいちすべてのことにセンサーがあると考えるのは現実的ではありません。

〇〇したい

そう思った時の、元はどこなのでしょうか?

私は無意識なんじゃないかと思っています。

そして、無意識に影響をあたえるものが、過去の経験、そのときの知覚、なのではないかと考えています。

過去の経験というのは、刷り込みのことです。

この服をきたらモテた、という経験は、その服を着たいと思わせるでしょう。

その時の知覚というのは、温度とか体の痛みとか、そういう五感で感じ取る刺激です。

例えば、いい匂いがしてから、何かが食べたいと思うという感じです。

ということは、私たちの欲求をコントロールするためには、

過去の経験を変えることはできないので、認知を変えるということが1つと、

現時点でのコンディションを整えるということだと思います。

認知を変えるというのは、精神科での認知行動療法が該当します。

コンディションを整えるというのは、たとえば空腹なら何か食べるとか、寒かったら厚着するとか、発熱していたら解熱剤を飲むとか、そういうことが該当すると思います。

それでは今日はこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました