嗜好品と性依存症

スポンサーリンク

今日は精神科デイケアに参加してきました。

嗜好品の講義がありました。

嗜好品とは何か

お茶、コーヒー、アルコール、たばこ

の4つが嗜好品の四強なのだそうです。

嗜好品の特徴は、

  • 栄養摂取を目的としていないこと
  • 気分を変えるために摂取することがある
  • ネガティブな感情を忘れるために摂取することがある(負の強化)
  • ポジティブな面(人と交流できる、シャキッとする、集中力が上がるなど)を享受するために摂取することがある(正の強化)
  • 摂取しないと、「手持ち無沙汰」「口さみしい」気持ちになる

ということを習いました。

ノンアルコールビールはなぜ存在するのか

そこで、私の中で、ふと気が付いたことがあります。

それは、

嗜好品=依存物質を抜いてまで疑似体験したいもの=依存物質を抜いた商品が売れる

という考えです。

ノンアルコール飲料、ゼロカロリー食品、カフェインレスコーヒー、電子タバコ

など、依存物質であるアルコールや糖質、カフェイン、ニコチンを取り除いてでも疑似体験したいので、商品として売られています。

つまり、抜いた商品が売れるということは、「とりすぎると良くない(健康被害)」ということであり、「とりすぎる恐れがある物質(依存性がある)」ということです。

次のページでは、性行為に言及していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました