「1回くらいいいだろう」を耐えるために必要なこと

スポンサーリンク

最初の1回の持つ意味

話題を変えて、タバコに費やす費用を計算していきたい。

仮に、年間20万円つかっていて、40年間吸うとすると800万円だ。

ニコチン依存症が”止まらなくなってしまう病気”ということを知識として知っていれば、こう考えることもできるだろう。

最初の1本は800万円

このように考えれば、禁煙しているときの、「あと1本だけ吸いたい」の1本がどれほどの意味を持つか分かるだろう。大金を失う第一歩なのだ。

分かりやすく金銭的な損害で表現したが、タバコによる健康被害を考えれば、この1本で「肺がん」に罹患すると同じ意味だと考えることもできる。

つまり、

  • 依存症は止まらなくなってしまう病気
  • 依存症は■■という結末を招く

という2つの事実から、最初の問題行動が■■を招くと考えてもよいわけだ。

依存症ならなんにでもこれが当てはまる。

アルコール依存にとっての1杯はまさに「命」と同じかもしれない(肝硬変、膵炎で死ぬ未来を想像して欲しい)。

ギャンブル依存にとっての1回は「自己破産」かもしれない

盗撮や痴漢については、もちろん行為をしてしまったら犯罪行為なのだが、もう少し掘り下げると、

問題行動に関連したアダルトコンテンツを視聴するのが逮捕なのかもしれないし、女性を町で物色していること、ウロウロすることが逮捕なのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました