依存症に関係するすべての人に見て欲しい動画があります

スポンサーリンク

14分の動画です。

その14分で依存症に対する見方を変えることができると確信しています。

もうみたことがある方も、もう一度見て欲しいと思っています。

私は、この動画をいつ見ても気づきを得ることができます。

(右下にあるボタンを押すと日本語字幕がつけられます)

依存症家族の方へ

依存症者に必要な声かけは、「依存症やめないと私は去るよ」でもないし、「いつまでも私はあなたのそばにいるよ」でもありません。

何と言ったらいいのかは、自分で見つけて欲しいと思います。

これは、私からあなたへの宿題です。

上から目線で申し訳ないですが、私から私の見解を伝えることが、あなたの考える過程を奪ってしまうからです。

パートナーと直接話し合ってみてもいいかもしれません。

もしも、良い答えがみつかったらコメント欄で教えてください。

依存症当事者の方へ

”心の檻”から出よう

依存症者がするべきことは、問題行動をやめることではありません。

もしも、問題行動をやめても、またやりたくなるだけです。

少しの間は我慢できるかもしれませんが、必ず再発します。

するべきことは、”心の檻”から出るということです。

”心の檻”は自分を守ってくれます。檻の中に入っていれば、傷つかなくて済みます。いつまでも、被害者面できます。

”心の檻”から出るとバッシング、恥ずかしさ、恐怖など障害が多いです。

あなたが”楽園”などないと思っているなら、それは本当に実在しなくなってしまいます。

依存症者は、多くのことを望んで、それは達成が難しいと、自分の”心の檻”に閉じこもる傾向にあるようです。

まずは、”小さな小さな楽園”を見つけましょう。この人といると安心する。ここに来ると落ち着く。そんな小さな楽園で構いません。

心の檻の扉を開けましょう。

大切な人、守りたい人

依存症者は弱いです。

自分自身も大切にできないし、大切な人・守りたい人がいません。

そんなことだから再犯を繰り返す。

依存症者は「意志が弱い」のではなくて、ただただ「弱い」。

いじけやすいし、「じゃあどうするか」「これからどうするか」が考えられない。

これが私の見解です。

厳しいことを言いましたが、これは自戒を込めて言っています。

じゃあどうするか。

大切な人・守りたい人を作りましょう。

この人の笑顔のために頑張りたい、この人は絶対に悲しませたくないと思える人を。

そして、やるべきことを見定め、実行していきましょう。

さいごに

この動画は、繰り返しみて欲しいと思っています。

忘れた頃に是非見返してみてください。

また、私の過去の記事でもこの動画と同様の内容を扱っています。

ご興味があれば、是非読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました