「カフェ巡りする人」と「行きつけにカフェに通い続ける人」の違い

スポンサーリンク

カフェ巡りする人がいますね。

インスタで様々なカフェの写真をあげたり。

どちらかというと、収集癖やコンプリート願望に近いものがあるかもしれません。

神経伝達物質でいうと、ドーパミンを求めているのかもしれません。

一方で、行きつけのカフェに通う人もいますね。

これは、「いつもと同じ」という安心を求めているかもしれませんし、

追求をやめて現状に満足しているということなのかもしれません。

初めてのカフェに行ってまずいコーヒーを飲みたくないという「損したくない」という感情もあるかもしれませんね。

幸福な自分を大切にしたいということかもしれません。

神経伝達物質でいうと、オキシトシンでしょうか。

実は、これと同じことが、

恋愛依存症と結婚にも言えると思います。

色々な人と交際を繰り返す人、何回も結婚と離婚を繰り返す人

結婚生活を円満に営む人

には、背景にある認知が違うのだと思います。

性依存症の問題行動も、関係するところがあるかもしれません。

好きな特定の人に対してアプローチするのではなく、

誰に対してでもいいから問題行動をしたい、

というのは、もしかしたら収集癖やコンプリート願望が背景にあるのかもしれません。

現状に満足する能力の欠如、いつもと同じという安心感を求めない性質、「損しても良いや」という考え方もあるかもしれません。


自分には、どういう認知があるのか、見つけ出すのは難しいですが、

あれこれと日常の疑問を通じて核心に迫りたいと思っています。

それでは今日はこの辺で。

また明日お会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました