人は2種類に分けられる

スポンサーリンク

人を見ていると、2種類に分けられるのではないかと思います。

  • 生きずらさを抱えて、それを原動力に生きている人
  • 生きずらさを手放す人

前者の人生はどんな感じなのか。

生きずらさを、芸術や仕事に昇華させることで、大成功を収めるひともいれば、空回りをすることも。

そのような人は、「人にどう見られるか」を気にします。芸能人・社長など。

だいたい、ブランド品を持っています。

後者の人生はどんな感じか。

質素倹約。ミニマリズム。無欲。

「人にどう見られるか」を手放します。僧侶・ホームレスなど。

顕示的消費がないので、ブランド品とは無縁です。

皆さんは、どちらの人生がいいですか?

ある程度、生まれながらの向き不向きのようなものがあると思います。

小学生~中学生の頃に「目立ちたくて何かを頑張った」という人は、前者でしょう。

スポーツ、勉強、おしゃれなど。

しかし、思春期には「人に比べて何かが秀でている」ということが必要なようですから、

どのような人にも、優越性の追求はありそうです。

しかし、小学生~中学生の頃に「別に平均でいいや」「私は私らしく」「過去の自分より成長できているから良し」という考え方の人がいたら、後者の人生になりそうですね。

どちらの人生が楽なのかというと、後者の人生でしょう。

心の問題を抱えにくいと思います。

しかし、面白い人生はどちらかというと、前者だと私は思います。波乱万丈になっちゃうかもしれませんが、何もない人生よりは面白いはずです。

私は前者の人生になりそうですし、なっている自覚があります。

このブログ自体が、私の「生きにくさを昇華したもの」なのだと思います…

しかし、後者の人生も大いに参考にしています。

洋服や靴などは、かなりシンプルになってすっきりしました。

結局は、自分とは違うスタイルの人生もあるので、その要素を少しだけ取り入れるといいんじゃないかと思いますね。

自分のスタイルを突き進むと、「極端」になってしまうリスクがありますから。

皆さんは、どちらの傾向がありますか?

ちなみに、前者の波乱万丈な人生が表現されている小説として、私は「グレートギャッツビー」を思い浮かべます。村上春樹さんが翻訳しています。

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)
村上春樹が人生で巡り会った最もたいせつな小説を、あなたに−−新しい日本語で現代に甦る、哀しくも美しいひと夏の物語。満を持しての訳業。

コメント

タイトルとURLをコピーしました