なんで女性だけが、性犯罪におびえなければならないの?

スポンサーリンク

こんな意見がありました。

①性暴力はするほうが悪いということ。

②好きな服を着て出かけることと、性犯罪は関係がないこと。

という2つの意見に私は注目したいと思います。

①の「性暴力はするほうが悪い」ということは、何も言うことがありません。その通りだと思います。

一方で、②の性犯罪と女性の服装の関係性については、「関係ある」と私は考えます。

性犯罪の責任と原因

性犯罪の「責任」は性犯罪者にあります。

犯罪の責任は、性犯罪者がとらなくてはなりません。罪を償う必要があるのは、犯罪者です。

しかし、性犯罪の「原因」はすべて性犯罪者にあるのでしょうか。

原因=犯罪者

と考えてよいのでしょうか?

私は、そのような単純な図式ではないと考えます。

もう少し、複合的な要因だと考えます。

性犯罪を構成するもの(原因)は何かと考えていくと、

性犯罪者の側には、

  • 相手の苦痛を共感できない自己中心的な考え方
  • 警察に逮捕されてもよいという開き直り
  • 警察には逮捕されないだろうという楽観視
  • 依存症としてのドーパミンに翻弄されているという側面

などがあると思います。

状況としては、

  • 犯罪としてばれにくい、逮捕されるリスクが低い(周囲に人がいない、痴漢する対象がおとなしそうなどでしょうか)
  • 自分の嗜癖に合致した対象(制服やミニスカート、胸元の開いた服などが多いでしょうか)

なので、性犯罪が不幸にも発生してしまう場合を考えると、いろいろな要素(原因)があると考えます。

ひとつ、読者の皆さんに勘違いしてほしくないのが、「依存症は病気なんだから仕方がない」と私が考えているわけではないということです。側面の一つとして、依存症によってコントロール障害をきたしているという事情はありますが、それによって性犯罪者に責任がないということにはなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました