診断と治療目標

スポンサーリンク

今回は、依存症の診断において、趣味との境界線はどこなのかというところ、そして治療の目標はどこにあるのかについて解説していきます。

趣味と依存症の区別

この疑問は一番多いと思います。様々な参考書籍がありますが、まとめると下のようになります。

趣味と依存症の区別
  • 趣味    :罪悪感なし  社会生活に悪影響がない 
  • 依存症予備軍:罪悪感あり  対象が頭をかすめるが抑制できる
  • 依存症   :抑制できない 健康/金銭被害など生活に支障が出る

最近多いSNS依存でいうと、

「Twitterが常に気になって、寝る前に枕元で見てしまうものの、しばらくすると画面を消して眠ることができる」

という段階では趣味~依存症予備軍で済んでいます。

一方で「Twitterで食事や睡眠がおろそかになってしまっている、対人関係で問題が生じる」

というレベルまでくると依存症です。

依存症の治療目標は趣味のレベルに戻すことではなく、0(ゼロ)にすること

実際に依存症になってしまうと、「趣味や依存症予備軍のレベルに戻す」という治療方針にはなりません。完全に(依存対象を)絶たなければなりません

アルコール依存でいうと最初の一杯はOKとはならず、死ぬまで禁酒が治療です。

なぜなら、最初の一杯で快楽物質であるドーパミンが出てしまうからです。飲酒を禁止していた期間があればなおさら、感作という現象があり、ドーパミンが大量に放出されます。そうするともっと酒が飲みたくなります。

また、一杯だけでしのごう、酒は適度に楽しんでいこうという方針も不可能です。耐性という現象があり、ドーパミンは同じ依存対象だけでは出が悪くなってきます。よってエスカレートしてしまいます。

最初の一杯から感作によりやめられなくしてしまい、耐性によりエスカレートすることになるのです。


参考文献:『よくわかる依存症』榎本稔 主婦の友社 

依存症治療で有名な榎本稔先生の本です。この本はとても読みやすかったです。ページ構成・レイアウトがいいのでとても分かりやすいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました