ずっと頑張っているから、今回はいいよね

スポンサーリンク

「ずっと頑張っているから、今回はいいよね」

というのは、本当に危険な発想です。

ずっと頑張っているという認識。

私は苦労人であるという認識。

不公平感。

そうなると、何らかの権利を要求できるような気になってきます。

病院で「子供が辛そうにしているから、診察の順番を早めて欲しい」とせがむ母親とか、

「ずっといじめられてきたから、自分も他人をいじめてもいいんだ」と考える人とか。

「ずっと頑張っているから、今回はいいよね」 と考えてしまう人も根っこでは同じです。

こういうのを、フロイトは例外者と呼んだそうです。

以前もブログに書きましたね。

例外者にならないためには、どうすればいいのかというと、「我慢しない」ことでしょう。

依存症治療を我慢しながらやっていると、どうしても例外者になってしまいがちです。

楽しい習慣を確立しながら、我慢のしない依存症治療を目指すのがよさそうです。

ところで、「自己憐憫」という言葉も例外者と似た概念かもしれません。

皆さんも我慢のし過ぎにはくれぐれも気をつけてください。

本当にろくなことが起きません。

どうすれば楽しい習慣が確立できるかについては、別の機会にお話しできればと思います。

(キーワードは「幸せは目に見えないけれど、不幸は目に見える」ではないかと考えています。)

それでは今日はこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました