依存症者が陥る「否認」を9つの例と共に解説 正体は心理的な防衛機能

スポンサーリンク

依存症は「否認の病」といわれます。

「否認」というのは理解するのが非常に厄介な概念です。

「依存症の人は自分が依存症だと認めない」ということももちろん否認なのですが、それだけではありません。もっと色々な場面で否認は登場します。

また、否認の内容は本人にとっては真実と思い込んでいるところに難しさがあります。

そして、背景には本人が隠したいと思っている無意識が隠れています。

今回は9つの具体例を交えながら、否認について考えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました