自信、自己肯定感について真剣に考える

スポンサーリンク

今に集中して自分を誇らしく思える気持ち

一方で、今に集中して自分を誇らしく思える気持ちというのは、自分がどういう人間でありたいか、あろうとしているかという今の状態に対して得られる自信である。

成長していくプロセスともいえて、だれからも評価されることはない。誠実とか態度、姿勢がキーワードになると思われる。

例えば、スポーツ選手のことを考えてみよう。

「いつまでも観客に喜んでもらえるような工夫をしようとしている自分を誇らしく思う」という心がけをしている人の自信は、そう簡単には揺るがない。

なぜなら、評価するのが他者ではなく自分であり、具体的な目標設定もないからである。

かりに野球選手だとして、三振に倒れたときにでも、このような自信であれば揺るがない。

「ああ、チャンスで打てなかった」といって悲観するのではなくて、「今回の三振の原因を考えて成長したい。このように考えて取り組む姿勢を観客が喜んでくれたらいいな。」といった具合に考えることができる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました